広告代理店

春闘でのボーナス増といった話がありましたが、大手で円安などの影響もあって儲かって
いる業界は凄いですね。

特に自動車業界は円安になれば相当な利益が出ると言われていますよね。
格安 印刷という話ではありませんが、ある自動車メーカーの広告を手掛けている広告代
理店の方とお話しする機会が以前にあったのですが、当然規模も私には凄いというしか言
葉が出ないほどの規模の広告費を使われているということでした。
もちろんすべての広告を扱っているわけではなく、ごく一部の広告を任されているだけだ
そうですが、それでも相当な金額でした。

大抵、企業間の取引というのは売掛金という形で取引されますが、その自動車メーカーの
場合は支払いが通常よりも遅く設定されているそうで、広告代理店が支払までの間負担し
なければならないそうですが、その金額を負担できる体力があるというだけでものすごい
会社だということも分かりましたが、実際の会社はビルの一角にオフィスを構えるだけの
規模でしたので、相当儲かっているんだろうと思えるものでしたね。

広告代理店というのは当然、印刷などは外注ですから格安 印刷を考えるのであれば、直
接印刷業者に依頼したほうが安くすみます。
ただ、いろいろな手配なども含めて行うので大手企業などは利用するのでしょうね。

安かろう悪かろうという時代じゃない

格安 印刷というと何となく物が悪いイメージを持ちそうな言葉ですが、今の日本で作ら
れているものは、あまり物が悪いというものは存在しないと思います。
もちろん輸入品の中には作りが悪いものなどもありますが、そういったものは大抵大量に
作って安く捌くという方法の物ですから、印刷物というものではあまり存在しないと思い
ます。

例えば本にしても落丁などがあった場合には交換致しますなど書かれていたりしますが、
今まで落丁している本というものには出会ったことがありません。
もちろん中古の本などであれば、中には汚れていたり、破けていたりなどはあるかもしれ
ませんが、それは中古であるからですよね。

そして現在は印刷技術も相当進歩していますから格安 印刷であっても、他の部分で効率
化を図った結果、安くできている場合が多いのだと思います。
なるべく営業マンは使わないなどで人件費が削減出来たりしている会社などもあります。
ですから安かろう悪かろうというのは、よほどでなければ印刷の部分だけで言えば
そうそうないのではないでしょうか。

とはいっても、これからはインフレを目指して日本も動き出しましたから当然安さという
部分では減ってきてしまうかもしれませんね。

写真の撮り方

格安 印刷で写真集という夢はまだ叶っていませんが、写真をとったりする活動は続けて
います。
今年の目標のひとつということで、写真集も格安 印刷でなんとか実現させたいと思います。

写真というのは様々な場面で使われますよね。
当然ながらホームページやブログでも写真があるものと、無い物ではなんとなく見栄えが
違ってきます。
写真の掲載があるほうが、文章だけのものよりも見やすく感じるのではないでしょうか。

それは当然ながら他の媒体でも同じことが言えます。
例えば宣伝広告用のチラシ、パンフレット、リーフレットなども写真が無いと商品のイメ
ージが湧きずらいということがあると思います。

また写真の撮り方ひとつをとっても見栄えが違ってきますから、何も考えずに撮影するよ
りも角度を変えてみたり、一番強調したい部分をクローズアップしてみるというのもひと
つの方法です。

例えば○○定食のようにメインのおかずとご飯、味噌汁などがある場合には、ご飯、味噌
汁というのはクローズアップしなくても多少写りこんでいるだけでも、ご飯と味噌汁がつ
いていると認識できますから、クローズアップするべきはメインのおかずということにな
ります。

素人の方がブログなどで掲載している写真は自分目線から撮影していることが多い為、ど
ちらかというとご飯、味噌汁などが手前に写っていることが多く、ご飯、味噌汁がメイン
に写ってしまっていることが多いのですが、逆の角度から撮ったほうがインパクトがある
写真が撮れると思いますよ。

格安印刷と広告代理店

格安 印刷で売上をあげる。
一番の理想ですね。
今は紙なども値段が安い印刷だからといって悪いものを使ったりしませんので、見た目に
は他の大企業などが作っているようなチラシと遜色ないものが作れたりします。

大企業の場合はほとんどが広告代理店にお任せして作っているところが多く、見た目など
も良い物を作っている場合が多いですが、トータルの費用も高いというのが現状です。

もちろん大企業でもコストを考えて格安 印刷などを利用しているところもあるとは思い
ますが、私が知っているところでは広告代理店に任せてキャンペーン内容などの中身だけ
を伝えて文章から写真、イラストに至るまでお任せしているというものでした。

もちろん費用はかなり高いですよ。
トータルの値段なので印刷代という細かい部分までは出ませんが、1か月に何十万円単位
で請求が…
そんなに何十万部とかではなく、ほんの2万部程度だった気がします。
もちろんデザイン代、その他もろもろも含まれていますから当然高くなりますよね。

とはいってもデザインもほぼ毎回定型化されていたので、やっぱり高かったと思います。
こういう部分は実は付き合いのある広告代理店らしく、お偉いさんの指定のところという
こともあって、なかなか変えられないという場合もありましたね。

無料のものも活用しよう

商売をしていると印刷物というのはかなり必要になってきます。
あまり印刷物を使っていないというところは少ないのではないでしょうか。
そういったものを格安 印刷で作ることが出来れば経費削減や部数を増やすことが出来ます。

私のように個人で活動しているとしても名刺などは必要不可欠ですし、自分の作品のポー
トフォリオは綺麗に印刷して常備しています。
もちろん何かを販売しようと思えば、その為の宣伝のチラシであったり、パンフレットな
ども必要になってくると思います。

その必要なものを格安 印刷で作り効果が上がれば費用に対して効果が高いということに
なりますよね。
かなり多くのお金をかけられる大きな会社とは違って、小さいからこそ経費は安くすませ
ることも考えることが大事だと思います。

個人でヨガ教室を行っている方がチラシをうちにポスティングされていたのですが、チラ
シだけでは伝わらないことももっと伝えられるようにと、無料ブログなども作られていて
そのアドレスが掲載されていました。
無料でブログなども使える時代です。
ブログであれば、そんなに知識がない人でも開設して、いろいろなことを書いたりするこ
とができます。

格安 印刷と無料ブログを連動させるだけでも効果をあげることが出来るのではないでし
ょうか。

クーポンありきになってませんか?

皆さんはクーポンとかを利用されていますか。

よくフリーペーパーやチラシなどにクーポンが付いていたり、ネットなどでもクーポンの
サービスがあったりしますよね。
私は欲しい、食べたいなとか思ったものは使うようにしてますが、意外とクーポンを見て
も魅力を感じないものも多いんですよね。

クーポンを出すところと言うのは、全部ではありませんが、あまり集客出来ていないから
クーポンを活用してなんとか集客、売上をあげようというところが多いのかもしれません。
もちろん中にはクーポンが無くても魅力的で、クーポンもあるし行ってみよう。
買って見ようとなるところもあります。

その差はいったいどこにあるのかを考えてみたんですが、クーポンありきで宣伝している
ような気がします。
格安 印刷でチラシを作る時なども、クーポンをつけて集客しようというのが先にたって
しまい、肝心の商品の魅力を伝えることをないがしろとまでは言いませんが、力が入って
いないような気がします。

誰でも知っているお店だったら、それでも良いのかもしれませんが、新規顧客を獲得した
いというのであれば、格安 印刷でクーポンを配るぞ!ではなく、商品の魅力をどうやっ
て伝えて行くのかに力を入れて、そこからチラシを見てくれた人は特別にクーポン使って
下さいね的な感じが良いような気がします。

心理的な状態を知ろう

東日本大震災以降から災害時の非常食がかなり人気だそうです。
それも今は美味しい非常食などが人気を博しているそうで、乾パンなどよりも災害時でも
美味しいものを食べたいと思う人が多いそうです。

震災からだいぶ経過したこともあって、防災グッズ関連が非常に売れたそうですが、時間
が経過したせいなのか、こういった美味しい非常食を用意しておきたいという余裕が生ま
れたのかもしれませんね。

また、今もキャッチコピーで日本人に意識させる言葉が絆という、人と人のつながりを意
識させるものだそうで、こういったものは格安 印刷でチラシなどを作るときにも参考に
したいものですよね。

もちろん東日本大震災以降は地震の規模、津波の規模なども見直され想定される災害に関
してどうやって死者を少なくするのかということが考えられるようになりました。
また災害後というのは絆というのは重要になってきます。
流通がストップしますから、食糧なども購入が困難になったりもします。

ちょっと格安 印刷とは離れた話題になってしまいましたが、物を売る時というのは人の
心理状態というものがあります。
少しずつ時間が経過して、気持ちにゆとりが出てきたということもあるのかもしれません
し、災害に備える気持ちというのが高まっているということもあると思います。

名称とデザイン変更

日本国内は何処に行っても喫煙者には厳しいような状態になりましたね。
昔から煙草の代表的なブランドのマイルドセブンの名称を、メビウスという名称に変更す
るという記事がありました。
日本国内での販売は頭打ちというか減少傾向になっているため、世界戦略で変えるのだそ
うです。

それにともなってパッケージデザインなども一新するとのことです。
同じ商品であっても名称、デザインというのはかなり重要な要素です。
慣れ親しんだ名称を変えるという戦略は結構勇気がいることですよね。
パッケージデザインだけでなく、名前も変わってしまうと別物として見られてしまう恐れ
があるからです。

格安 印刷でチラシなどを作る時も、今までの慣れ親しんだデザインから一気に変えた場
合というのは、今まで見てくれていた人が他のお店、会社のチラシだと思って見逃してし
まうという恐れもあります。
そう考えるとかなり勇気がいることだということが理解できますよね。

ましてや商品名も変えるので、格安 印刷で作ったチラシで言えばお店の名前を変えてし
まうということと同じような状態とも言えますよね。
名称が変わる、変わったということをアピールするための宣伝も必要になってくるでしょ
うから宣伝費もかかるということで、この戦略がうまくいくのかちょっと気になるところです。

効果が高いのは格安印刷

格安 印刷をする上でおすすめなのは、印刷業者をネットで探すことです。
配送料などは今やほとんど全国かわりませんから、近くの印刷業者ではなくともほとんど
変わりません。
ネットで探すと近くの印刷業者よりもかなり格安 印刷出来るところが多いですから、値
段を気にする場合というのは、ネットで探すことをおすすめします。

値段をおさえて印刷物を作ることが出来れば、販売するにしても広告宣伝に使うにしても
少ないお金で効果を出すことが出来ます。
私のように写真集を作ろうという場合には、安い値段で販売できますし、広告宣伝であれ
ば安い金額で宣伝が出来るので、集客効果が同じだったとしたら利益は多くなりますよね。

ただし、こういったネットで印刷業者を探す場合というのは、印刷データは自分で作らな
いといけない場合があります。
もちろん会社によってはデザインも行っているところがありますが、そのぶんは別途料金
が発生しますので、デザイン料というのも考えておくことが大事です。
印刷するためのデータがなければ印刷は出来ませんので当たり前のことですが、印刷業者
を探すことだけに考えがいってしまって、肝心の印刷データを忘れていては仕方がありま
せんよね。

デザインが高くなる?

格安 印刷という話しからはそれるかもしれませんが、アメリカではウェブ業界でデザイ
ナーの評価が高くなっているそうです。
たしかに海外のサイトはかっこいいデザインのものが多いような気がします。
日本ではチラシデザインなどからウェブデザインまでをこなす人が多いですから、あなが
ち印刷という部分ではそれていないかもしれませんね。

とは言っても、依頼する側からするとデザイン代が高くなるということでもあり、複雑な
感じかもしれません。
ようはチラシデザインをするよりも、ウェブデザインを行っていたほうがデザイナーにと
ってお金になる場合、ウェブデザインの方に仕事の重点をおくでしょうし、そうなると必
然的にチラシのデザイン代も高くなってくると思います。

最終的に格安 印刷でチラシなどを作ろうと思ったら、デザインは自分で作ったりすると
かなり安くできるようにもなるということです。
そう考えると、イラストレーターなどを使いこなせるようになっていると強いですよね。

写真などを加工したりするのにフォトショップは多少使えるのですが、イラストレーター
はまったくの素人なので、これを気に勉強してみようかと考え中です。
デザインも興がある分野なので、いろいろ勉強してみたいですよね。