名刺が営業マン

格安印刷で多いのが名刺などが多くネット広告などでも見かけます。

名刺は自己紹介をするものであり、意外と言葉で自己紹介されただけでは
忘れてしまうことも名刺を渡されて後で、見直して貰うことで覚えて
貰うという効果を狙ったものです。

どんな印刷物でも同じですが、後で見たり、とっておいてもらう為には
あまりにも普通のものではインパクトが足りないなんてこともあって、
見て貰えないということもあります。

そう考えると、あまりにも普通の名刺を作っても意味をなさない気がしませんか。

それが営業につなげようとする名刺であるのであれば尚更です。

私も営業マンから名刺を貰うことがありますが、取引があるような場合は
とっておきますが、あまり興味がない場合の名刺はあまりとっておくことがありません。

それがちょっと変わったものでデザイン性に優れているとなれば名刺ホルダーに
入れておいても、なんとなく話の種に使えそうという意味でとっておくこともあります。

あまり興味がないものでも一応とっておこうと思う訳です。

そして話の種で使った相手がその営業マンの商品に興味があった場合に、名刺がかわりに
営業してくれたことになります。

意外とインパクトがある名刺を使っている人は少なく、なんとなく勿体ないと思うのですが、
是非商売をしている人は格安印刷で多い名刺にもこだわってみてはいかがでしょうか。