格安印刷までの道のり

そうそう、写真撮影がどうなったかというと、自宅付近でそぼく~なのをイロイロと撮ってみていますよ。
私は他人のを観るぶんには壮大な風景とかも好きなんですけど、自分で撮るぶんには田舎の生活的な素朴なのが好きなのです。

デジカメっていいですねぇ。
何枚撮ってもメモリをくうだけでフィルムが無駄にならない。メモリに要した分は削除しちゃえば良いですし。

フィルムのカメラだと、成功しようが失敗しようがフィルム一枚を消費してしまうじゃないですか。
父はそれがもったいなくていつも撮るのをためらっていたんですよ。
本当に良い写真を撮るためにはもったいなく思うことなく何枚も撮る必要があるのに(だから父はプロになれなかったんだと思う・・・)

デジカメではそういったことがないんですねぇ。
もちろん、フィルムにはフィルムの良い所があって「カメラ持つならフィルムに限る!」とこだわる方もいらっしゃいますけど、デジカメにもデジカメの良い所があるんですよね。
私だって経験者ですから、フィルムの良さも判っているつもりです。
でも、フィルムとデジカメ、それぞれの良さを活かして撮影できるようになりたいとも思います。

・・・そんなこんなでチャンスあらば激写しては、持ち帰って残しておくもの、削除するもの、または加工を施すものなどを吟味しております。
そういった写真集の作品作りに関する作業は格安印刷とはあまり関係ないのですが、写真集の自費出版、ひいては格安印刷までの道を着々と進んでいますよ~(・ω・)/