本の宣伝

最近は読書にはまっているのですが、本を買う時にどうしてもカバーを見て面白そうなの
か判断しますが、やっぱりカバーや帯の部分を見て判断してしまいますよね。
これも立派な宣伝の一部になっていると思います。

もちろん本屋さんで小説などは中を見ることが出来ますが、さすがに立ち読みで読むわけ
には行きませんよね。
なによりゆっくりくつろぎながら読みたい派ですので、そうなると話題になっている本や
カバーや帯で決めることが多くなります。
本はチラシなどで宣伝するものではなくカバーが直接の宣伝物になっていると言った感じ
でしょうか。

格安 印刷とは違った話かもしれませんが、結局のところ本は大量に印刷しますので、多
くの場合は当然ながら自費出版などよりも単価は安くなりますよね。
自費出版と比べたら格安 印刷している状態ですね。

最近は書店も大型化していきているせいか、どうしても店員さんがおすすめするコーナー
とか、売れているランキングのコーナーなどから手にとることが多くなります。
売り場が広くて探せないからというのが大きな原因かもしれません。。
それでも本屋さんの雰囲気は大好きなので、ついつい買ってしまって読みかけの本がだい
ぶたまってしまってます。