安さの演出

スーパーなどは定期的にチラシを入れていますよね。
主婦にとってはどこどこのお店がチラシが入るのは何曜日と記憶している人もいるかもし
れません。
家計のやりくり上手と言われる人はそういった安いものを上手く活用して食費などをおさ
えているのでしょうね。

スーパーのチラシは格安 印刷しているだろうと思われる2色の印刷なども使われていま
すよね。
もちろんカラーで作ってるところも多いですが、値段の安さを強調したいところほど、チ
ラシの費用はなるべくおさえるために2色などで格安 印刷しているだろうと思われるも
のが多いと思います。

どちらかというと安いところは費用ななるべく抑えるようにします。
当然お店の陳列なども豪華な飾りとかは一切ありませんし、ラックなどの什器を使うより
もそのまま段ボール箱を利用したりなども多々ありますよね。
見映えよりも安さを追求しているという風に見えますから、安売りのお店ほどそういった
感じになっています。

段ボールのままなら箱から出して並べる手間も無いことから人件費的な部分でも安くなる
ということなのだと思います。
綺麗に陳列されたお店は見た目からは安さは伝わってきませんが、逆に什器などを使わな
いところは見た目も安さの演出が出来るというメリットもありますね。

インターネットが安い

格安 印刷といえばインターネットを利用して注文することで実現できることが多いと思
います。
しかし、実際問題インターネットを使って価格はいくらなのか調べることが多くなったと
いうこともあり、価格を比較する場合にインターネットでホームページも持たないところ
では比較検討に入ることはないということもあると思います。

ただし、インターネット経由での注文が可能な場合は、ビジネス的に考えても通常よりも
経費がかからないということがあります。
営業マンという人件費がかからないわけですから、通常の一般の仕事よりも比較的人件費
が高くなるであろう営業マンがいらない、または少なくてすむというのは経費的はかなり
大きいのではないでしょうか。
格安 印刷を実現しようと思ったら、経費などを上手に削減するなども必要になってきます。

また、顧客が多ければ多いほど利益を多くとらなくてもビジネスとして成り立つというこ
ともあります。
インターネットの場合は対象を全国にすることも出来ますから、地元で受注を受けるだけ
のとこよりも顧客になりえる絶対数がまったく違います。

そう考えればインターネット経由のほうが安くなるというのも頷けますよね。
ですから比較する場合にはインターネットだけでも十分かもしれません。

無料のものも活用しよう

商売をしていると印刷物というのはかなり必要になってきます。
あまり印刷物を使っていないというところは少ないのではないでしょうか。
そういったものを格安 印刷で作ることが出来れば経費削減や部数を増やすことが出来ます。

私のように個人で活動しているとしても名刺などは必要不可欠ですし、自分の作品のポー
トフォリオは綺麗に印刷して常備しています。
もちろん何かを販売しようと思えば、その為の宣伝のチラシであったり、パンフレットな
ども必要になってくると思います。

その必要なものを格安 印刷で作り効果が上がれば費用に対して効果が高いということに
なりますよね。
かなり多くのお金をかけられる大きな会社とは違って、小さいからこそ経費は安くすませ
ることも考えることが大事だと思います。

個人でヨガ教室を行っている方がチラシをうちにポスティングされていたのですが、チラ
シだけでは伝わらないことももっと伝えられるようにと、無料ブログなども作られていて
そのアドレスが掲載されていました。
無料でブログなども使える時代です。
ブログであれば、そんなに知識がない人でも開設して、いろいろなことを書いたりするこ
とができます。

格安 印刷と無料ブログを連動させるだけでも効果をあげることが出来るのではないでし
ょうか。

効果が高いのは格安印刷

格安 印刷をする上でおすすめなのは、印刷業者をネットで探すことです。
配送料などは今やほとんど全国かわりませんから、近くの印刷業者ではなくともほとんど
変わりません。
ネットで探すと近くの印刷業者よりもかなり格安 印刷出来るところが多いですから、値
段を気にする場合というのは、ネットで探すことをおすすめします。

値段をおさえて印刷物を作ることが出来れば、販売するにしても広告宣伝に使うにしても
少ないお金で効果を出すことが出来ます。
私のように写真集を作ろうという場合には、安い値段で販売できますし、広告宣伝であれ
ば安い金額で宣伝が出来るので、集客効果が同じだったとしたら利益は多くなりますよね。

ただし、こういったネットで印刷業者を探す場合というのは、印刷データは自分で作らな
いといけない場合があります。
もちろん会社によってはデザインも行っているところがありますが、そのぶんは別途料金
が発生しますので、デザイン料というのも考えておくことが大事です。
印刷するためのデータがなければ印刷は出来ませんので当たり前のことですが、印刷業者
を探すことだけに考えがいってしまって、肝心の印刷データを忘れていては仕方がありま
せんよね。

デザインが高くなる?

格安 印刷という話しからはそれるかもしれませんが、アメリカではウェブ業界でデザイ
ナーの評価が高くなっているそうです。
たしかに海外のサイトはかっこいいデザインのものが多いような気がします。
日本ではチラシデザインなどからウェブデザインまでをこなす人が多いですから、あなが
ち印刷という部分ではそれていないかもしれませんね。

とは言っても、依頼する側からするとデザイン代が高くなるということでもあり、複雑な
感じかもしれません。
ようはチラシデザインをするよりも、ウェブデザインを行っていたほうがデザイナーにと
ってお金になる場合、ウェブデザインの方に仕事の重点をおくでしょうし、そうなると必
然的にチラシのデザイン代も高くなってくると思います。

最終的に格安 印刷でチラシなどを作ろうと思ったら、デザインは自分で作ったりすると
かなり安くできるようにもなるということです。
そう考えると、イラストレーターなどを使いこなせるようになっていると強いですよね。

写真などを加工したりするのにフォトショップは多少使えるのですが、イラストレーター
はまったくの素人なので、これを気に勉強してみようかと考え中です。
デザインも興がある分野なので、いろいろ勉強してみたいですよね。

名刺が営業マン

格安印刷で多いのが名刺などが多くネット広告などでも見かけます。

名刺は自己紹介をするものであり、意外と言葉で自己紹介されただけでは
忘れてしまうことも名刺を渡されて後で、見直して貰うことで覚えて
貰うという効果を狙ったものです。

どんな印刷物でも同じですが、後で見たり、とっておいてもらう為には
あまりにも普通のものではインパクトが足りないなんてこともあって、
見て貰えないということもあります。

そう考えると、あまりにも普通の名刺を作っても意味をなさない気がしませんか。

それが営業につなげようとする名刺であるのであれば尚更です。

私も営業マンから名刺を貰うことがありますが、取引があるような場合は
とっておきますが、あまり興味がない場合の名刺はあまりとっておくことがありません。

それがちょっと変わったものでデザイン性に優れているとなれば名刺ホルダーに
入れておいても、なんとなく話の種に使えそうという意味でとっておくこともあります。

あまり興味がないものでも一応とっておこうと思う訳です。

そして話の種で使った相手がその営業マンの商品に興味があった場合に、名刺がかわりに
営業してくれたことになります。

意外とインパクトがある名刺を使っている人は少なく、なんとなく勿体ないと思うのですが、
是非商売をしている人は格安印刷で多い名刺にもこだわってみてはいかがでしょうか。

素人の印刷

格安印刷でいろいろ気になっているのが、ポスティングされるチラシ。
きっちりと印刷業者に依頼して綺麗なカラーの写真なども入ったものから、小さな街の工
務店や便利屋さんといったところなどは、ほとんどがコピー用紙などを使った紙を使って
いて、見た目は格安そうなものでも、今まで格安で印刷することを調べてきた手前どうし
てもそれが格安で作れているとは思えないんですよね。

ようは家庭用のプリンターで印刷したものか、コピーしたようなものが多いんですよね。
中には、業者に依頼して白黒印刷しているものもありますが、バランスが悪いものが多い
気がします。
もちろんそういったところでは、自分のところで印刷用のデータなどを作っていて、自分
の会社のアピールポイントをいろいろ書いて目立たせようと頑張っているのだとは思いま
すが、書きすぎていてアピールすべき点が多くなりすぎてしまい、目立たなくなってしま
っていることが多く感じます。
素人の方が作ったというのが丸わかりですね。

アピールポイントはなるべく絞って目立たせるようにすることも大事ですよね。
白黒印刷の場合は色では難しいので大きさで勝負することが大事だと思います。
そう考えると、自分でデザインを作るにしても印刷会社にお願いして、多少なりともアド
バイスをしてくれるようなところが良いですよね。

カレンダーが広告

格安印刷で写真集を考えるだけではなくて、今年も秋になりもうすぐ冬になり
来年になるなんて思うとカレンダーなども写真を使って綺麗なものを
作りたいとも思います。

簡単なものはパソコンでプリンターを使えば作ることが出来ますが、やっぱりどうしても
カレンダーとしては物足りないものしか出来ませんよね。

カレンダー作成でインターネットで調べてみても名入れが出来るなど、既存のものに
会社の名前を入れたものの宣伝が多く、一からカレンダーを作るとなったときのものは
中々みつかりませんね。

やはり需要の差なんだと思います。

会社はお得意様にカレンダーを配ってあるくために、カレンダーを作る時期でも
ありますが、いちからデザインして作ろうと思うとデザイン代などもかかり高くついて
しまうことから汎用のものに名前だけを入れて使うことが多いのでしょうね。

これもある意味宣伝になる方法でもありますね。

年末がちかくなると加入している保険屋さんなどもこういった名前が入ったカレンダーを
持って挨拶にきますよね。

そういう積み重ねが他に保険に入りたい人がいたら紹介したりなど、営業に
繋がっているのでしょうね。

そう考えると格安印刷でのカレンダーも立派な広告ということになりますね。

格安印刷までの道のり

そうそう、写真撮影がどうなったかというと、自宅付近でそぼく~なのをイロイロと撮ってみていますよ。
私は他人のを観るぶんには壮大な風景とかも好きなんですけど、自分で撮るぶんには田舎の生活的な素朴なのが好きなのです。

デジカメっていいですねぇ。
何枚撮ってもメモリをくうだけでフィルムが無駄にならない。メモリに要した分は削除しちゃえば良いですし。

フィルムのカメラだと、成功しようが失敗しようがフィルム一枚を消費してしまうじゃないですか。
父はそれがもったいなくていつも撮るのをためらっていたんですよ。
本当に良い写真を撮るためにはもったいなく思うことなく何枚も撮る必要があるのに(だから父はプロになれなかったんだと思う・・・)

デジカメではそういったことがないんですねぇ。
もちろん、フィルムにはフィルムの良い所があって「カメラ持つならフィルムに限る!」とこだわる方もいらっしゃいますけど、デジカメにもデジカメの良い所があるんですよね。
私だって経験者ですから、フィルムの良さも判っているつもりです。
でも、フィルムとデジカメ、それぞれの良さを活かして撮影できるようになりたいとも思います。

・・・そんなこんなでチャンスあらば激写しては、持ち帰って残しておくもの、削除するもの、または加工を施すものなどを吟味しております。
そういった写真集の作品作りに関する作業は格安印刷とはあまり関係ないのですが、写真集の自費出版、ひいては格安印刷までの道を着々と進んでいますよ~(・ω・)/