安かろう悪かろうという時代じゃない

格安 印刷というと何となく物が悪いイメージを持ちそうな言葉ですが、今の日本で作ら
れているものは、あまり物が悪いというものは存在しないと思います。
もちろん輸入品の中には作りが悪いものなどもありますが、そういったものは大抵大量に
作って安く捌くという方法の物ですから、印刷物というものではあまり存在しないと思い
ます。

例えば本にしても落丁などがあった場合には交換致しますなど書かれていたりしますが、
今まで落丁している本というものには出会ったことがありません。
もちろん中古の本などであれば、中には汚れていたり、破けていたりなどはあるかもしれ
ませんが、それは中古であるからですよね。

そして現在は印刷技術も相当進歩していますから格安 印刷であっても、他の部分で効率
化を図った結果、安くできている場合が多いのだと思います。
なるべく営業マンは使わないなどで人件費が削減出来たりしている会社などもあります。
ですから安かろう悪かろうというのは、よほどでなければ印刷の部分だけで言えば
そうそうないのではないでしょうか。

とはいっても、これからはインフレを目指して日本も動き出しましたから当然安さという
部分では減ってきてしまうかもしれませんね。

格安印刷の情報が役立ちました

最近は寒いせいもあって外に写真を取りに出る機会が減っています。
やっぱり今年は寒冬だそうで、全国各地で平均気温が例年よりも下回っているそうですね。
沖縄だけは例年通りなんだそうです。

そう考えると沖縄は別世界な感じがしますね。
1回しか遊びに行ったことは無いのですが、たしか11月に遊びに行っても半袖で十分暑
いくらいでしたね。
レンタカーを借りて、いろいろなところを回りながら写真も結構な枚数が撮れた記憶が懐
かしいです。

格安印刷で写真集というのも良い写真があってこそですからね。
格安印刷で写真集を出そうと考えてはいるものの、伸び伸びでやる気があるの?
って声が聞こえてきそうですが、そこはのんびりと見守ってください。

先日親戚の方が店をオープンしまして、オープンに使うチラシなどの手配をさせて頂きま
した。
もちろん格安印刷をしようといろいろ調べた結果が役に立てたわけです。

そしてチラシ掲載の写真も私が撮影したものを使ってますので、かなり格安に収まったの
ではないですかね。
こういう部分でも役に立ててるわけですので、無駄な努力をしているわけではありませんよ。
写真以外でも、こういう情報は他の方に役に立てると自分でも実感しました。

話しのタネになるデザイン

格安で印刷というとチラシが多いのかもしれませんね。
チラシは毎日のように作られ、新聞で配布されたりポスティングされたりすることから需
要が多く、その反面競争も激しいのだと思います。

他にもビジネスマンにとって必須のアイテムである名刺もいまはパソコンなどで自前で簡
単に作れてしまうことから競争が激しく、いかに品質の良い物を安く提供できるかという
ことで、かなり安いところが存在しますよね。
多くの枚数を使う方にとっては、コスト面で自前でつくるよりも断然安くなるところもあ
ります。

その反面意外と高いのが町の印刷を請け負うところです。
たぶんこういったところは上得意の顧客を掴んでいて、それほど競争に参加しなくても顧
客がいることで少々高くてもやっていけるのかもしれません。

今はインターネットを使って依頼したほうが断然安く作ることができます。
かくいう私も名刺はインターネットで格安で印刷してもらっています。
チラシも名刺も配るためにあるものですから値段が安いほうが良いですよね。
コレクションや飾っておくものではないので、下手したら名刺も簡単に捨てられているか
もしれません。

もちろんそうならないように名刺のデザインも気を使っているつもりで、どこかで話しの
タネにでもなってくれることを願ってちょっと凝ったデザインにしているんです。

チラシもそういう話のタネになりそうなことを考えて作ってみるのも良いかもしれません
よ。

格安印刷のお金の計算

格安印刷で写真集を出すことをいろいろ模索しているのですが、写真集をだすにしても
宣伝はやっぱり必要ということで、改めて格安印刷で小さいチラシ程度で考えて
みようと思ってます。

やっぱる無難なのはA4サイズで写真を何枚か掲載したものを考えています。

そうなるとやっぱりカラーで印刷ということになりますが、チラシの反応は統計的にみると
0.01%とか言われているそうなので、写真集を100冊売るとしたら?
10000部のチラシが必要になるということですね。

写真集100冊が12万円で作ったとして、いくらで販売するかも赤字にならない価格が
見えてきますね。

写真集だけで考えると1200円が原価になってしまいます。

ここにチラシ代を上乗せすると1冊300円乗せて1500円という価格ですね。

そして30,000円がチラシ代に出せる価格になりますね。

10000部30,000円ならなんとかなりそうな数字だと思いますが、
そもそも1500円で写真集が売れるのか(笑)

そういう問題が一番ですね~。

そう考えるともう少し、削れる所を探さないといけませんね。

配るにしても、10000部を一人で配るのは正直しんどいですからね。

せめて1000円は切りたいところですね。

部数を増やしたほうが良いのかな。

写真集を格安印刷!?

前回、格安印刷会社とそうでない印刷会社の料金表を比べていて、発見したことがあります。
格安でない印刷会社の方なんだけど、ななな何と!写真集印刷のプランがあるではないですか!!

自費出版のために出版社に持ち込まなくても印刷できるってことですか!?
何もかもを自分の好みに合わせて印刷してもらえるってことですか!?
なんて魅力的な!!\(^▽^)/

というか、何度も書いているように写真集は画質が命ですから、出版社にでも頼まない限り印刷なんてそう簡単にはできないものかと思ってました。
・・・でも、印刷会社は印刷会社なのだから、やってることは同じか。

ちなみに私が見つけたその写真集印刷の場合、コート90kg20ページ1000部で136,000円となっていました。
これが格安なのかどうなのかは・・・今のところちょっと判断しかねますねぇ。

格安と謳っているチラシ印刷会社で写真集印刷のプランを見かけたことがないので、やはり写真集を格安で印刷するのは難しいのかもしれません。
だから、格安ではない会社で立てられているこのプランは、本当に格安とは言えない料金設定なのかも・・・

でも、同じ条件で100部だけを印刷する場合は約12万円で、一気に1000部印刷してしまった方が1冊あたりの単価が安くなるから、もし完売できた場合のことを踏まえると格安と言えるのかも。
“もし”完売できたらね(汗)

(ちなみに、印刷料金とは部数が多ければ多いほど1部あたりが安くなるよう設定されているものなのです)

格安印刷の料金は本当に安いのか

格安で印刷するヒケツはないものか!?と始まったブログなのに格安印刷についての話題がないといったい何のブログだか・・・ってことになるので、たまには格安印刷について調べます。

大丈夫。格安印刷のことは忘れていません。
最近はただ天秤が写真撮影の方に傾いていただけです。
今一度、その天秤を格安印刷の方に傾けます。

さて、日本中にある格安印刷ですが、印刷料金の相場がどのくらいなのか判らなくては、格安を誇っている印刷会社の料金表を見ても、本当に格安なのかどうか判断できませんよね。
ちょっと、格安のところとそうでないところを比べてみます。
基準は印刷会社の謳い文句に「格安」とか「激安」とかがあるかどうか。

●チラシ(A4コート両面10000部)の場合
格安印刷 → 49,000円
NOT格安 → 52,500円

ちょっとは格安・・・かな?

●名刺(約90×50mm両面+フィルム加工済み500部)の場合
格安印刷 → 4,500円
NOT格安 → 16,500円

安っ!Σ( ̄口 ̄)何かの間違いじゃないかとさえ思う。

●ポスター(B2マット10部)の場合
格安印刷 → 22,000円
NOT格安 → 27,700円

結構格安と思われます。

●チケット(約70×100mmマットポスト両面1000部)の場合
格安印刷 → 34,600円
NOT格安 → 14,000円

・・・・・・アレ?(汗)

紙のサイズだとか種類とかの細かい違いを合わせるため、特定の印刷会社どうしを比較したわけじゃありません。
実際に利用するとなると、この比較はあまり参考にならないかと思います。
ひとつだけ判ったのは、格安印刷を利用するときには格安だろうと格安でなかろうと、条件に合わせて比較すべきってことですね。
参考にならなくて申し訳ない・・・m(_ _;)m

続々・格安で印刷できるモノ

格安で印刷できる物ってこんなにもイロイロあるんですね。
息抜きのつもりが、最近格安印刷について調べる方が楽しくなりつつあります。
日中は撮影して、夜は格安印刷調査・・・とかそんな感じに(汗)

●封筒・・・封筒を格安で印刷する必要って咄嗟には思い付きませんでしたけど、考えてみれば企業で使う場合は社名とかロゴとか必要ですよね。

●葉書・・・写真を張り付けた年賀状ではなくてですね(それくらい写真店とか自宅のプリンターでもできます)、格安で印刷できる葉書ってのは主にDM(ダイレクトメール)のようですね。紙の種類が豊富なのは、格安印刷ならではの利点。

●チケット・・・アマチュアバンドなどに所属していてライブを開催するような場合には、是非ともご利用ください。あと小規模イベントとか。

●CD・DVDジャケット・・・アマチュアバンドなどに所属していて(以下略)。私みたいなアマチュア写真家がデータCDを販売する場合などの格安印刷にも利用できるかも。

●フライヤー・・・フライヤーとは店内に貼り付けてあるポスターみたいなもので、「本日○割引!」(スーパー等の場合)とか、「旬のメニュー」(居酒屋さん等の場合)とかをお知らせするチラシのようなものです。

●団扇・・・アイドルか?アイドルオタのコンサートの必需品か!?(そうではなくて、窓口での配布品とかだと思います)

窓口の配布品といえば、今回は見かけなかったのですが、街頭で配るポケットティッシュに入れるチラシも探せば格安印刷でありそうですよね。

続・格安で印刷できるモノ

前回は個人的に利用してみたい格安印刷物について調べただけですけど、格安で印刷できるものは他にもいろいろとあるみたいです。
せっかくですので、コメントも添えて紹介しておきますね。
撮影活動はやってますよ。ご心配召されるな(誰も心配してないとか言わない!)

●カタログ・・・カタログといっても通販カタログのような分厚い本タイプのものではなくて、会社案内とかのパンフレットのようなもののようです。

●パンフレット・・・上記でカタログをパンフレットのようなものと書きましたけど、大抵パンフレットとはそこまでしっかりした本の形式をとっていなくて、何枚かの紙をホッチキスで中綴じしたものをパンフレットと呼ぶんだそうな(1枚だけのものもあるけど)

●リーフレット・・・こちらは本当に1枚限りの案内広告。とはいえチラシよりはしっかりしてるはずですよね。これも私の格安印刷に利用できそうだなぁ・・・

●付箋・・・マークが入った付箋とそのケースを格安で作ってもらえるようです。企業などがよく利用しているみたいですね。付箋って可愛くて結構頻繁に使われるし、これも私の格安印刷に・・・あ、でも写真の活用は難しいか。

●ステッカー・・・つまり大きめのシールですね。そういえば個人的な話ですが、父が若い頃に集めて溜めておいたのを、私が子供の頃家中に貼りまくって、母に叱られた覚えがあります(^_^;)ステッカーって手軽ですけど、使い道ってあるのかしら?

格安で印刷できるモノ

印刷物っていろいろな種類がありますよね。
格安で印刷できるものを調べてみました!

●チラシ・・・チラシといってもいろいろある気がしますが。サイズがB5とかA3となっているなら、きっと新聞の折り込みチラシを対象としているんじゃないかなと思います。小さなサイズのものはポスティングかな?

●ポスター・・・大きなものはその分費用がかかりますけど、格安でできるところもあるんですね。そういえば、ポスターも内容によっては画質が命ですよね。画質を落とさず格安で印刷できるってことでしょうか?

●卓上カレンダー・・・いいですねぇコレ!厚みがあるので写真集に挟み込むには向いていませんが、写真を活かすには最適なのでは?オマケとしては透明パックに入れて付けるかレジで渡してもらうようにすれば(新譜に付いてくるアーティストのポスターじゃあるまいし)

●カード・・・写真集に挟み込むならカードでも良いですね。数種類セットにしておくとか。でも種類があるとコストがかかりますかね?格安なら合計しても安めに抑えられませんかね?

●名刺・・・ただのカードなら捨てられる恐れがありますが、名刺ならそうでもないかも。写真集を自費出版すると同時にサイトも行うなら、サイトのURLを名刺に載せておくという方法もありますね。

調べていると面白くなってきました。
早く自費出版とか格安印刷とかやってみたいです!

あ、撮影はやってますよ。怠ってませんよ。
たまにこうして息抜きに格安印刷について調べてるだけです。